事業展開

事業展開

続きはこちら
1

事業モデル

地域発展のパートナー

ヴァンシ・エアポートは、地域発展の推進役となることを目指し、大小さまざまな規模の空港への取り組みを長期にわたって進めています。空港が成功を収めるための鍵は、その空港の利害関係者との間で共通の価値観を持つことであると、ヴァンシ・エアポートは考えています。

–––––ヴァンシ・エアポートは、そのネットワークを通して、空港のトラフィックを大きく拡大しています。

次のページ
2

プロジェクト管理

利用客のニーズを予測した空港建設と改装

インフラストラクチャ投資は、価値を生み出すであろうプロジェクトに対して適切な時に適切な方法で投資を行うことで、発展のための優れた起爆剤となります。ヴァンシ・エアポートは、投資者、プロジェクト管理者、および運営事業者としての立場から、それぞれの空港の長期的な成長を予測することができます。

–––––リスボンでは商業エリアの改装がすでに始まっています。

次のページ
3

航空トラフィック

航空会社の期待に沿った問題先取り型の運営方針

ヴァンシ・エアポートは多数の航空会社と密接に協力し、空港網全体にわたって発展に向けた最高の機会を提供し続けています。先進的かつ正確なトラフィック予測手法と問題先取り型の取り組みを通じ、市場全体の傾向を大きく先取りしたトラフィック拡大に貢献しています。

–––––ナント・アトランティック空港のトラフィックは2014年に6%近く増加

次のページ
4

乗客の皆様へのおもてなし

最高水準のサービス

ヴァンシ・エアポートは、乗客のニーズを十分に汲みとり開発した、革新的で便利かつ適切な乗客サービスを通して、人々がくつろいで過ごすことのできる空港の提供に努めています。また、小売企業との提携により航空業務以外の開発も行っています。このような収益源は十分に活用されていないことが多いものの、大規模な空港にとっては地域に新たな価値をもたらすと共に、顧客満足度を高めるという点でも戦略的に極めて重要な存在です。

–––––2015年末までにすべての空港で無料、無制限のWi-Fi接続を提供予定

次のページ
5

社会と環境への責任

持続可能な成長への取り組み

空港に10年あるいはそれ以上にわたって投資するためには、関係者との長期にわたる円滑な関係が不可欠であるとヴァンシ・エアポートは考えています。また、ネットワークを通じたさまざまな機会を社員に提供することにも努めています。それぞれの空港は、その受け入れ先となっているコミュニティと連携し、持続可能な成長を推進するため最大限の役割を果たしています。

50 %
ヴァンシ・エアポートが50%を出資するArtisans d'Angkorは、クメールの伝統工芸の職人に仕事の機会を提供すると共に6,000世帯に収入をもたらしています。

次のページ
6

開発

付加価値を生み出す投資

ヴァンシ・エアポートは空港開発への動的なアプローチにより、他の企業から一線を画した存在となっています。自社のネットワークからの経営資源を活用し、委託された資産に付加価値をつけることにより地域、乗客、およびパートナー企業にとっての利益を生み出しています。

––––– 所轄当局はグルノーブル空港の管理を2023年までヴァンシ・エアポートに委託しました。